ホーム>オススメの楽しみ方>湯治としての楽しみ方

湯治としての楽しみ方

健康維持に湯治として御利用できます。

男性露天風呂
高見

湯守の里は天然温泉です。泉質は等張性・弱アルカリ性のナトリウム塩化物で、多くのミネラル(陽イオン、陰イオン)を含んだ黒褐色の湯です。健康維持に湯治として御利用できます。

浴用の適応症

img

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・こわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・冷え症・病後回復期・疲労回復・きりきず・やけど・便秘・慢性婦人病等

  • 温泉の入浴回数は1日あたり2回ないし3回までとする。
  • 入浴時間は初めは3分~10分程度とする。慣れるにしたがって延長しても良い。
  • 入浴中は安静を守り、湯船の中で運動をしない。
  • 入浴後は体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない。
  • 入浴後は湯冷めに注意して、一定時間の安静を守る。
  • 食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。